信頼できる主治医を見つける

医師の対応がとても大切

本来であれば、うつ病になる前に自分や周囲の人が気が付いてあげて、そうならない前に対策を講じるのが良いです。しかし、仕事をしている人の場合は、仕事を休むわけにもいかず、ずるずるとストレスの多い日々を過ごしてしまい、結果的にうつ病にかかってしまうことが良くあります。うつ病になってしまったら、すぐに心療内科や精神科を受診するのが良いですが、通う場合にはどこの心療内科や精神科でもよいわけではありません。精神的な部分の治療になっていくので、医師との意思疎通がとても大切になります。精神的に弱くなっていて、普通の精神状態ではありませんので、そこにしっかりと寄り添ってくれる医師のいる心療内科、精神科でないと意味がありません。

口コミ情報はとても大切

心療内科でも精神科でも、これから通院する病院やクリニックを探す場合は、病院に関連したサイトで口コミ情報が多数掲載されているところをチェックしましょう。すでに自分自身では精神状態も安定していないので、まともに病院等を探すこともできない場合は、家族や知人に手伝って探してもらうと良いです。ポイントは、口コミ情報で時間をたっぷりととってカウンセリングを行ってくれるところ、通院した時に診察時間をじっくりととって話を聞いてくれるところです。すぐに薬を処方して終わるようなところでは、寄り添ってもらうことができないので、良い病院とは言えません。また、最初は無料でカウンセリングを行ってくれるところもあるので、ここでその病院の良さを確認してみるのも良いです。